ウェーブフロントレーシックとは?メリット・デメリット!

レーシック手術

レーシック手術は、最初にフラップと呼ばれる蓋の役目をする部分を角膜の表面に作ります。次にフラップの下の角膜をエキシマレーザーを使って削り、視力の矯正をします。

その後にフラップを被せて手術はおしまいです。

ウェーブフロントテクノロジーは、エキシマレーザーを照射して角膜を削る段階で使われる技術で、この技術を搭載したレーザー装置をウェーブフロントレーザーといいます。

ウェーブフロントテクノロジー

角膜に歪みがあると(主に乱視)視力の矯正をしても良く見えないときがあります。これは、メガネでの近視矯正でもなかなか解決できませんでした。

レーシック手術の場合でも、この技術の生まれる前は、エキシマレーザーで角膜を削ったときに角膜の歪みまできちんと矯正することができなかったようで手術後の見え方にも限界があったそうです。

この技術は、コンピューターを利用して角膜の歪みのデータを事前に収集、記憶することで、手術後(レーザー照射後)の角膜の形をシュミレーションしてからレーザー照射を行います。

こうすることによって、画一的なレーザー照射と異なり、レーザー照射後の角膜が歪みの少ないなめらかなものになるそうです。

この方法は、個々人で異なる角膜の状態に対応できるため、オーダーメイドのレーシック手術といってよいものです。

メリット、デメリット

メリットは、手術後の視力回復の質が高いことです。デメリットは、手術代が高いことです。

この手術方法では、すでに医師の外科手術の技術という枠を超えて、コンピーターの操作、レーザー機器扱い及びメンテナンスなどスタッフ全員の技量が要求されますので、実績のあるクリニックでの手術をおすすめします。