モノビジョンレーシックとは

老眼治療について

年齢を重ねることで目の調節能力が徐々に衰えて、普通の視力の人であれば近くのものに焦点を合わせにくくなる症状のことを老眼と呼んでいます。

この老眼の治療にはいくつかありますが、その中の一つが、モノビジョンレーシックというレーシック手術です。

モノビジョンレーシック

一般のレーシック手術では、両目の視力が同じになるように視力矯正をしますが、このモノビジョンレーシックでは、片方の目は遠くが見えるように視力を矯正しますが、もう片方の目は近くが見えるようにします。

こうすることによって、眼鏡などで矯正をしなくても遠くから近くまで見えるようになることが可能になります。

モノビジョンレーシック注意点

このモノビジョンレーシックは、機械的に片目が遠いところを、もう片方が近いところというように視力矯正しますので、いままでの見え方と一変します。このところが一番のネックとなります。

この手術を受けるに当たっては、事前に見え方の変化に耐えられるかどうかが重要になります。

普通、両目でものを見るときには、単に焦点が合えば良いというものでなく立体感も同時に感じていますので、この手術をすることで立体感は全てではないにしろ失われることになります。

この見え方の変化には、慣れるのに数ヶ月かかるといわれていますが、中には慣れることができずに再手術で両目とも遠くが見えるように矯正して近くを見るときには老眼鏡をかけるということもあるようです。

前述のように立体感が以前より失われますので、リタイヤした人であれば問題ないかもしれませんが、仕事をしている人の場合はそのような見え方で続けられるかどうかは事前に良く検討する必要があると思います。

老眼治療は、モノビジョンレーシック以外にもありますので、どちらかというと他の方法を選ばれることをおすすめします。