レーシックの再手術はいつでも可能でしょうか?

レーシックは再手術できるのか

レーシックの手術とは、角膜を削って屈折の調整することによって視力を回復する手術です。角膜を削るのですから、一度レーシックの手術を受けると、間違いなく角膜は薄くなります。

しかし、角膜の状態には個人差があります。そのため、レーシックの手術を1度受けても、もともと角膜が薄い人は、再手術ができませんが、一般的には2回は再手術が可能なようです。

しかし、レーシックの手術を受けた後に、視力が元に戻ってしまうということは、決して良い状態であるとは言えません。また、再施術が可能な人でも、薄くなった角膜をさらい薄く削るのですから、再施術には慎重さが必要でしょう。

レーシックの再施術

レーシックを受けた人のほとんどは、視力の回復に成功しています。しかしごくまれに、思ったほどの視力回復にはならなかった場合や、一旦は視力が回復しても、手術前の状態に戻ってしまう人がいるようです。

そのため、自ら希望してレーシックの再手術を受ける人もいます。そのため眼科によっては、レーシックの再手術にかかる費用は、最初の手術費用に含でいるため、たとえ再手術となっても、追加の費用が発生する心配がない眼科もあります。

つまりレーシック再手術は、手術後のアフターケアの一環でもあるということなのです。無料での再手術期間は決まっているので、事前に調べておきましょう。

保証期間など

レーシックの手術を受けた場合、それぞれの眼科によりその内容は異なっていますが、保障期間が設けられています。そのため、保証期間内であれば、無料でレーシック再手術を受けることができます。

しかしその場合でも、再手術が可能かどうかは、再度適応検査を受けてみなければわかりません。いくらレーシックの再手術を望んでも、なんらかの理由で目の状態が良くなければ再手術を受けることはできません。

ただ角膜の厚さについては、最初にレーシックを受ける時点で再手術可能な厚みを残せる方しか施術はされていないので安心できます。

また医師によって再び視力低下が起こると判断された場合には、レーシックの再手術はできません。さらにレーシックの再手術には、初めてレーシックの手術を受けるよりも、感染症の確率が高くなるので、知識として知っておくようにしましょう。