解説レーシックをすると眼精疲労や疲れ目も治るのか?

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

■眼精疲労

眼精疲労は、疲れ目が常習的になり肩こり等、体にも症状がででくることをいいます。

目の症状としては、目が疲れる、ものを見るときにぼやけたり霞んだりする、目に痛みを感じたり充血する、重苦しく感じる、涙が出るなどがあります。

体の症状としては、肩こり、頭痛、めまい、吐き気などがあります。この体にでる症状は、眼精疲労との因果関係があるかどうかはわからないことが多いようです。

眼精疲労の原因として考えられるものは、次のようなものです。

視力矯正が必要な近視、遠視、乱視、老眼、斜視などの場合、パソコンのモニターなどを長時間見続けることによる目の疲れが常習化してドライアイなどを伴う場合、緑内障や白内障などの目の病気に罹っている場合等です。

また、他の体の病気が原因で眼精疲労の症状がでることもあります。

■対処

眼精疲労の対処の仕方は、原因によって異なります。目の病気の場合は、もちろん即治療をすることです。

その他の場合は、例えばパソコンのモニターなどを長い時間見続けていることが原因と思われる時には、小休止を多くとることや目を乾燥させないようにすることを意識して行うなどがあります。

視力矯正が必要な時には、メガネやコンタクトレンズを利用するか、レーシック手術などの視力矯正手術を受けることなどがあります。

■レーシック手術と眼精疲労

レーシック手術は、主に近視治療として行われるもので、遠くを見る視力の矯正が主になります。したがいまして、近くを見る事の多い環境では、かえって眼精疲労を引き起こすことがあります。見えすぎるために目が疲れてしまうわけです。

こう言った例は結構多いようで、近くを見るためにメガネ(遠視用)を使用することになることもあります。

また、レーシックで視力矯正をした後に近くを見つづけることで、近視が戻ってくることもあるようです。そういうわけですので、レーシック手術で視力矯正をすることが眼精疲労を直す手段として適当かどうかは一概に言えません。

もし、レーシック手術を考えているのでしたら、事前の検診、カウンセリングでクリニック側のスタッフと良く相談なさることが大切だと思います。

TOPPAGE  TOP