ポイント解説レーシックのよくある質問

point-1遠視でもレーシックで治るのか?

■遠視の治療


遠視は、遠くが見えにくい近視とは反対に、遠くの方はよく見えるけれども、近くはぼやけてよく見えない状態のことです。

通常人間の眼は、眼に光が入ってくると、角膜や水晶体によって屈折します。そして、網膜でひとつに結ばれるようになっています。それが、遠視の場合では、網膜よりも後の方で光が結ばれてしまう状態になるのです。
Read more …

point-2レーシックの再手術はいつでも可能でしょうか?

■レーシックは再手術できるのか


レーシックの手術とは、角膜を削って屈折の調整することによって視力を回復する手術です。角膜を削るのですから、一度レーシックの手術を受けると、間違いなく角膜は薄くなります。

しかし、角膜の状態には個人差があります。そのため、レーシックの手術を1度受けても、もともと角膜が薄い人は、再手術ができませんが、一般的には2回は再手術が可能なようです。
Read more …

point-3レーシックをすると眼精疲労や疲れ目も治るのか?

■眼精疲労

眼精疲労は、疲れ目が常習的になり肩こり等、体にも症状がででくることをいいます。

目の症状としては、目が疲れる、ものを見るときにぼやけたり霞んだりする、目に痛みを感じたり充血する、重苦しく感じる、涙が出るなどがあります。
Read more …

point-4レーシック当日と一週間くらいの目の状態

■手術当日

手術直後の視力はどちらかというと遠視に近い状態で見えすぎる位になることが多いようです。だいたい1.5から2.0に近い視力が得られちょっと見えすぎではないかと思われる例が多く報告されています。

このように手術直後に遠視になっている場合はその後ゆっくりと解消して半年位で正常な視力に移行していきます。

もし、この遠視が軽いときは早い時期に正常になりますが、その後に近視に進むこともあります。 Read more …

point-5レーシック当日や翌日に仕事はできますか?

■レーシック手術

レーシック手術は、角膜の表面を薄く剥いでフラップという蓋となる部分を作り、そのフラップの下の角膜を削って視力矯正をします。フラツプは最後に元通りに被せて手術は終わるわけですが、このフラップは当初はただ角膜の中の水分でくっついている状態です。

そのようなわけですから、傷口が修復されるまでは、このフラップの部分はそっとしておかなければなりません。 Read more …

TOPPAGE  TOP